民衆の敵。和美(石田ゆり子)の娘の父親は誰?|8話

2017年12月11日(月)放送のドラマ「民衆の敵」第8話では、和美(石田ゆり子さん)の娘・あかねちゃんの父親の存在が明らかに。今までの和美(石田ゆり子さん)は離婚してシングルマザーになったかと思い込んでました。

いったい和美(石田ゆり子さん)の娘・あかねちゃんの父親は誰なのでしょうか。「民衆の敵」第8話で明かされた和美(石田ゆり子さん)の娘を産んだ理由やネット上の反応等について紹介します。

スポンサーリンク


⇒ 民衆の敵の動画を安全に無料視聴する方法。8話

民衆の敵。和美(石田ゆり子)が子供を産んだ理由とは?

石田ゆり子さん演じる和美は、キャリアウーマンの記者。てっきり西村さんが元夫でシングルマザーになったのかと思ってました(笑)

和美(石田ゆり子さん)は、実は仕事が楽しくて婚期を逃し、恋愛もする気になれなかったけど、子供は欲しいと思って仲の良い信頼できる友人に精子提供を頼んで出産したということが第8話で明かにされました!

親には認めてもらえなかった和美(石田ゆり子さん)。恋愛ができなくても子供を産んだらダメなのかと家族の多様性を語るシーンカッコよかった。確かに旦那はいらないけど、子供欲しい人って沢山いますよね。

精子提供とは?

精子提供(せいしていきょう)とは、男性がお金をもらって、もしくは無料で自分の精液を提供すること。子供が欲しい女性は、人工授精によって子供を授かることができます。多くは精子バンクと呼ばれる施設を通して行われるようですね。

友人でも同意がもらえれば、精子提供することが可能。和美(石田ゆり子さん)の新しい考え方は少子高齢化の時代に適していると私は思います。



⇒FOD見逃し配信31日間無料キャンペーンはこちら!

民衆の敵。和美(石田ゆり子)の娘の父親は誰?


ちょいちょい和美(石田ゆり子さん)のことを心配していて、娘のあかねちゃんのことを気にかけていた記者の同僚・西村さん。西村健吾さんが、おそらくあかねちゃんの父親でしょうね。

和美(石田ゆり子さん)と西村健吾さんのシーンもほのぼのしていい雰囲気ですよね。

西村さん役・長谷川朝晴のプロフィール

長谷川 朝晴(はせがわ ともはる)

生年月日:1972年3月19日(45歳)
出身地:千葉県四街道市
身長:174cm
血液型:O型
活動期間:1993年 ~
所属劇団:ジョビジョバ(1993年 – 2002年)
所属事務所:イイジマルーム
主な出演作品:
【テレビドラマ】
『義経』
『鉄道捜査官』シリーズ
『京都南署鑑識ファイル』シリーズ
『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』
『白衣のなみだ』
『ダブルス〜二人の刑事』
『クロコーチ』
『癒し屋キリコの約束』
『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』

【映画】
『ハッピーフライト』



⇒FOD見逃し配信31日間無料キャンペーンはこちら!