民衆の敵。わたなべさんと莉子の最初で最後のデート?|6話

2017年11月27日放送の月9ドラマ「民衆の敵」第6話は、わたなべさん(高橋一生さん)と莉子(今田美桜さん)がついにデートする姿が見れます!最初で最後なのか?!スマホで写真撮影している予告がありましたが、内容が気になりますよね。

そこで、今回は、「民衆の敵」わたなべさん(高橋一生さん)と莉子(今田美桜さん)のツーショットの様子と藤堂(高橋一生さん)の魅力に迫ります!

 

スポンサーリンク


民衆の敵。第6話のあらすじ

 佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。
市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すか。平田和美(石田ゆり子)が犬崎派の智子に聞くと、あっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったと告げた。

その頃、智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと働いているが、はかどらずにいた。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼む。だが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。
智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明。和美たち新聞社の面々や、小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を隠しきれない。
智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始める。なぜここまでしてくれると尋ねる智子に、犬崎はまだ市長にすることを諦めてはいないと答える。智子には犬崎の本心が分からなかった…。

⇒「民衆の敵」はFODで見逃し配信31日間無料キャンペーン中!

民衆の敵。わたなべさんと莉子の最初で最後のデート(

「民衆の敵」第6話では、わたなべさん(高橋一生さん)のアパートが藤堂誠の兄にバレてしまったので、アパートでの莉子とわたなべさんのシーンは見れず残念。

政治家のお兄さん怖かった!調査依頼してデリヘルの莉子と会っている写真を入手して、別れろと強制的(笑)縁談の話もなくなっていないようなので、藤堂誠(高橋一生さん)はどう決断するのでしょうか。

そして、莉子と会うのは、アパートではなく、初めてのデートでホテルの高級レストラン。莉子はオマール海老が食べたい!っておねだりし、美味しそうに食事を楽しむ2人可愛かったですね~。

わたなべさんが先にお金を払うシーンは切なかったですが、莉子を悲しませないためでしょうか。ホントは両想いだと思いたい。

初めての楽しい癒されるデートシーンが見れたと思いましたが、会うのは最後にしようとわたなべさんが切り出すことに。2人の切ない顔が印象的でしたが、最後に莉子が藤堂誠と正体がバレていたことに驚きました~!

写メを撮っていたので、今後の写メの行方も気になります(笑)藤堂誠と莉子の今後の展開が更に見逃せません!!

⇒「民衆の敵」はFODで見逃し配信31日間無料キャンペーン中!

 

関連記事はこちら

民衆の敵。藤原さくらの演技力は?|6話