民衆の敵。市長の秘書役は誰?|4話

2017年11月13日放送の月9ドラマ「民衆の敵」第4話は、シャッター街になっている商店街に「こども食堂」を作って地域の皆で協力して町を活性化させようというテーマでした。市長の秘書が第4話で頻繁に登場!笑顔がイケメン!

そこで、今回は、「民衆の敵」に出演している市長の秘書役は誰なのか、第4話で見せた表情などを紹介します!

 

スポンサーリンク


民衆の敵。第4話のあらすじ

帰宅した佐藤智子(篠原涼子)を公平(田中圭)が甲斐甲斐しく出迎えた。いつもと違う様子に智子が疑問を持つと、公平は「記帳してきた」と通帳を見せる。すると智子は大声をあげると、駿平(鳥越壮真)とあかね(野澤しおり)が驚く。実は智子に初めての議員報酬が支払われ、その額に驚嘆の声をあげてしまったのだ…。
ともあれ、念願の報酬をもとに公平は焼き肉パーティーを企画。あかねを迎えに来た平田和美(石田ゆり子)も交えて食事を始める。浮かれる佐藤夫婦に、来年は税金も上がると釘を刺す和美は、もうひとつ懸念を抱えていた。

その頃、あおば市では開発が進もうとしていた新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が公約通りに宣言。和美の新聞社では市長の独断を牽制するような一文が掲載された。もともとニューポート計画を推進していたのは犬崎和久(古田新太)の派閥。和美は新聞記事には動きが見えるのに、犬崎たちがおとなしすぎるのが気にかかっていたのだ。智子も、市長と犬崎が和解するはずがないと和美に同調する。
一方、小出未亜(前田敦子)は岡本遼(千葉雄大)の地元商店街でランチ。商店街はすっかりさびれ、もともとここで電器店を営んでいた遼の実家も夜逃げしていた。古い店がシャッターを閉める中、二人が入ったのはファミリーレストラン。ウエイトレスに案内されて席につこうとする遼に商店街のおばちゃんたちが声をかけて…

⇒「民衆の敵」はFODで見逃し配信31日間無料キャンペーン中!

民衆の敵。市長の秘書役は誰?

民衆の敵でちょいちょい出演していた市長の秘書役の俳優さん。スラっと背が高くてイケメン風。第4話では、特に笑顔がステキなイケメンだ!って思った方も多いはず。

そんなイケメンの市長の秘書役を演じているのは、細田善彦(ほそだよしひこ)さんでした!!どこかで見たようなって思ったら、「逃げ恥」にも出演していました(笑)

細田善彦(ほそだよしひこ)
生年月日:1988年3月4日(29歳)
出生地:東京都
身長:182 cm
血液型:O型
趣味:映画鑑賞
特技:サッカー・水泳
活動期間:2004年 ~
所属事務所:アルファエージェンシー
主な作品:

【テレビドラマ】
逃げるは恥だが役に立つ 森山ちがや 役
ウルトラマンX 風間ワタル 役
真田丸 北条氏直 役
花燃ゆ 新井領一郎 役
ライフ 佐古克己 役

【映画】
下衆の愛 マモル 役
終の信託 杉田正一 役
デトロイト・メタル・シティ 和田真幸(ジャギ)役
クリアネス  主演・レオ 役

2007年に出演したドラマ「ライフ」で演じた悪人・佐古克己役で注目されています。

⇒「民衆の敵」はFODで見逃し配信31日間無料キャンペーン中!

民衆の敵。市長の秘書望月のイケメン画像まとめ

「民衆の敵」の市長の秘書役を演じている細田善彦(ほそだよしひこ)さんのイケメン画像をピックアップしてみました♪今後も市長の秘書役でどんな演技・表情を見せてくれるのか注目してみたいですね。

⇒「民衆の敵」はFODで見逃し配信31日間無料キャンペーン中!