高嶺の花。兵馬(大貫勇輔)ともも(石原さとみ)の関係は?8話感想。

2018年8月29日水曜、『高嶺の花』第8話が放送。もも(石原さとみさん)となな(芳根京子さん)の時期家元をめぐっての姉妹対決の結末も見どころですが、その前に兵馬(大貫勇輔さん)とももの関係はどう発展していくのか気になるところ。

そこで今回は、兵馬(大貫勇輔さん)ともも(石原さとみさん)の関係、兵馬を演じる大貫勇輔さんについて、『高嶺の花』8話のネット上の反応&感想を紹介します。

 

スポンサーリンク



 

高嶺の花。兵馬(大貫勇輔さん)ともも(石原さとみさん)の関係


兵馬(大貫勇輔さん)は、姉妹家元対決に敗れて傷心しているもも(石原さとみさん)と関係を持とうとしました。

兵馬は、お互い恋愛感情がない2人が一緒になり、生涯孤独を感じることでもう一人の自分を取り戻すことができるという考えのようでした。

しかし、ももが気絶した為、関係は持たずに済みます。助けに登場したぷーさん(峯田和伸さん)が兵馬(大貫勇輔さん)に「彼女を騙すのはやめてください。次の機会はねえよ。」 とバシッと言ったのがカッコよかった。

エレベーターでのももに告げた言葉も優しくてカッコよく見えます。気絶したももを襲わなかった兵馬も紳士的ですが(笑)

 

スポンサーリンク



 

高嶺の花。兵馬(大貫勇輔さん)は何者?

高嶺の花7話でぷーさん(峯田和伸さん)とお別れしたもも(石原さとみさん)が出会うことになった兵馬(大貫勇輔さん)は、華道界の名門・京都神宮流の次期家元と言われている華道家。

実は兵馬は、龍一(千葉雄大さん)の腹違いの兄でした。実母とずっと貧しい暮らしをしていた龍一から憎まれている模様。

大貫勇輔のプロフィール


大貫勇輔(おおぬき ゆうすけ)
生年月日:1988年8月31日(29歳)
身長:180㎝
体重:79㎏
出身地:神奈川県座間市
趣味:旅行、映画観賞
特技:アクロバット
所属事務所:ホリプロ

大貫勇輔さんは、プロダンサーとしてアクロバット・体操等、幅広いジャンルのダンスを踊りこなし、世界的にも高い評価を受けています。

7歳からダンスを始め、17歳からプロダンサーとして数々の作品に出演。2012年にはミュージカル『キャバレー』で藤原紀香さんの相手役に抜擢され、俳優デビューを果たしました。

最近は2018年3月~5月にミュージカル『メリー・ポピンズ』バート 役を演じています。

名門の華道家役がハマってる大貫勇輔さん、高身長で姿勢良くカッコいいですよね。今後も色んなドラマに出演してほしい。

大貫勇輔さんのダンスシーン↓↓↓

 

兵馬(大貫勇輔)が拾ってきた美少年は誰?

高嶺の花8話で登場した兵馬(大貫勇輔さん)の拾ってきた美少年が登場。気になったので誰なのか調べてみました。スターダストプロモーション所属、山中柔太朗(やまなか じゅうたろう)さん17歳でした~。

山中柔太朗(やまなか じゅうたろう)


生年月日:2001年12月23日(17歳)
出身地:栃木県
趣味:動画鑑賞
特技:サッカー(5歳より10年間・栃木県選抜)

山中柔太朗さんは、EBiDAN 39&KiDSから選抜されたメンバーのEBiDANのニュー育成プロジェクトのBATTLE BOYSのメンバーでしたが、2018年8月28日にM!LKに電撃加入したことを発表しています。

爽やかイケメンくんの今後の成長が楽しみですね。↓↓↓

 

高嶺の花【8話】ネット上の反応&感想

高嶺の花8話、傷心しきっているももを見るのが辛かったですが、ぷーさんがカッコよかった~。もう一人の自分は幼いころの自分なので成長とともに見えなくなって当たり前だと言い放ったぷーさん。

相当華道について勉強した末に見えてきた答え、尊敬します。一回終わったももとの格差恋愛は今後どう進んでいくのか楽しみです。そして、次回は兵馬と龍一の家元も見れるので9話も見逃せません。

 

※高嶺の花の無料動画視聴ならHuluが安全でおすすめ!↓↓

≫≫高嶺の花は今ならHuluで2週間無料トライアル実施中

 

関連記事はこちら

⇒ 高嶺の花。石原さとみと峯田和伸が出会った自転車屋はどこ?第1話の格差恋愛の様子まとめ