偏頭痛の治し方。ためしてガッテン!

2015年10月14日(水)にNHKで放送された「ためしてガッテン」は、偏頭痛を起こらなくさせる予防薬や頭痛体操・ストレッチ、ハリ治療などを紹介しています!偏頭痛に悩んでいるあなたは必見です!

偏頭痛を根本から治す治し方「頭痛を元から断つ方法」がわかります。そこで、今回は、「ためしてガッテン」で紹介された偏頭痛の治し方についてや薬についても探ります!

 

スポンサーリンク


偏頭痛が起こるメカニズムと危険性とは?

偏頭痛は、脳内の血管が何らかの原因によって膨らみ、それによって血管を取り巻いている神経が刺激されることによって痛みが出ると言われています。

脳の中に「視床」があり、視床の仕事とは、体の様々なところで受ける刺激を、いったん視床が受け止め、その痛みを脳に伝達するというもの。この「視床」の働きにより、私たちは実際に「痛み」を感じています。

「視床」には、強い痛みを経験しているうちに、薬によって痛みを弱めても痛みを感じるようになってしまうという性質があり、これが、薬が効かなくなる原因に。偏頭痛が悪化すると、「アロディニア」という症状になってしまうケースがあるのです。

「アロディニア」の症状とは、本来なら感じないはずのわずかな痛みを感じるようになるというもので、人によっては、髪ほどいた時の髪の動きや、お化粧する時などにも痛みを感じる辛い症状です!

 

スポンサーリンク


ためしてガッテン「偏頭痛の予防法」

偏頭痛を根本的に起こらないようにする予防法が「ためしてガッテン」では4つ紹介されました。

痛くなる前に薬を飲む

頭が痛くなろうがならまいが、とにかくあらかじめ薬を飲んでおくことで、視床への打撃を防ぐことができます。つまり、視床を元気な状態に戻し、頭痛になる根本原因をなくそうということ。

そして、この時の服用する薬は、一般的な市販薬ではありません!「偏頭痛の予防薬」は病院(頭痛専門外来、神経内科、脳外科など)で処方してもらう必要があります。

・月に2回以上の強い頭痛がある
・頭痛で日常生活に支障が出る
・アロディニアなどの症状がある

3つのうち1つでも該当する場合は、病院(頭痛専門外来、神経内科、脳外科など)への受診をおすすめしています。偏頭痛の予防薬は痛みがなくても薬を毎日服用することで、約2ヵ月で効果が表れるそうです。

重症な偏頭痛の場合はやはり回復するには少し時間がかかるわけです。

頭痛体操

頭痛体操は、頭痛の専門家が認めている、しっかりとした頭痛の予防力をもった体操になります。「頭痛体操」のやり方は2通りあります!

【 頭痛体操その1 】

⓵ 立った状態で、両腕を上げる。
⓶ 足を少し開く。
⓷ 顔は正面のまま固定し、体を左右に回す。

この体操・ストレッチを行うことで、視床に良い影響を与えることができるとのこと。
運動時間は、2分ほどでOK。

【 頭痛体操その2 】

⓵ 立った状態で、腕をリュックを背負うように前に回す。
⓶ 服を脱ぐように後ろに回す。

注意点として、偏頭痛の人は、頭痛がある時には体操すると悪化してしますので、痛くない時に行うこと。

ハリ治療

こめかみや顎、首筋などにハリを打ち、神経を刺激して、痛みに反応しやすい体質を元に戻すという観点から、このハリ治療は極めて有効らしい。これは医学的に証明されているとのこと。

週に2回ほど打つようにすれば、約1カ月で頭痛が出る日数は減少します。

日記療法(頭痛ダイアリー)


「頭痛ダイアリー」と呼ばれ、専門医の間で指導されている方法ですどんな時に頭痛が起きたかを記していく、いわゆる「日記療法」も、偏頭痛の予防に有効。自分がどんな時に頭痛が起こるのか(誘因)を知っておけば、それを避けることで、頭痛が起こる日数を減らすことができるようになります。

また、医療機関に持って行けば、診断にも役立つし、人それぞれ違う頭痛の原因を見つけることができます。誘因を避けることで頭痛を予防することも可能になるということです。

>>薬に抵抗があるあなたにはサプリメントもおすすめ<<

偏頭痛の予防薬はどんなものがあるの?

ためしてガッテンでは薬品名の紹介はありませんでしたが、「頭痛治療のガイドライン」を参考にその薬品名を紹介します!

代表的な偏頭痛予防薬は、ミグシス、インデラル、デパケン、セレニカなど挙げられます。

ミグシスとは?

商品名がミグシスで一般名は、塩酸ロメリジンです。血圧を下げるカルシウム拮抗薬の仲間で、脳血管に作用し、脳の血管を拡張するのを防ぐことで、神経への刺激をやわらげてくれる効果。

2ヵ月間服用すると、64%の患者さんが頭痛改善または軽減効果があったというデータがあります。

インデラルとは?

商品名がインデラルで一般名は、プロプラノロール塩酸塩です。一般的には、心臓や血圧の薬として使用されることが多い薬品。

交感神経のβ受容体をブロックすることで、血管抵抗性を低下させて効果を発揮します。高血圧や不整脈がある患者さんには、偏頭痛と同時に治療ができるため、勧められいるそうです。

デパケンとは?

商品名がデパケンまたはセレニカで一般名は、バルプロ酸ナトリウムです。脳内の異常な興奮や電気信号を抑える効果があります。

 

>>薬に抵抗があるあなたにはサプリメントもおすすめ<<

関連記事はこちら

⇒ 片頭痛の対策。頭痛ダイアリーとは?NHKきょうの健康11/27

⇒ 偏頭痛の治し方!食べ物よしあし

⇒ 偏頭痛の治し方。ためしてガッテン!

⇒ ホンマでっか「きな粉は片頭痛予防にも効果的!」9月20日(フジテレビ)

⇒ 偏頭痛の治し方。ツボ!手がおすすめ。