テニス世界ランキング。男子2018年最新。日本人選手の状況とは?

全米オープンテニスの女子シングルスで日本の大坂なおみ選手が初優勝を果たし、テニス人気に火がつきました。テニスの世界ランキングの最新状況が気になる方も多いでしょう。大坂なおみ選手や錦織選手をはじめとした日本人選手の世界ランキングも当然気になるところ。

そこで、今回は、テニス世界ランキングの決め方(ポイント等)や2018年最新のテニス世界ランキング男子の状況、日本人選手の世界ランキングの状況等を紹介します。

 

スポンサーリンク



【テニス】女子の世界ランキングについてはこちら↓↓↓
【テニス】世界ランキング。女子2018最新。日本人選手をピックアップ!

 

テニス世界ランキングの決め方は?ポイントって何?


テニス世界ランキングというのは、男子プロテニス選手の場合だと“ATP(男子プロテニス協会)”、女子プロテニス選手の場合だと“WTA(女子テニス協会)”の主催する世界各地で行われる大会での結果をもとに、決まったルールに基づいてランキングが認定されています。

各プロテニス選手は各世界大会の成績に応じて、賞金を獲得するとともにポイントが加算されています。このポイントの獲得数の多い順に世界ランキングが決定されていくのです。

そして、この世界ランキングによって、各選手がエントリーできる大会や、各世界大会でのシードが決まります。

獲得ポイント数は大会の規模によって差があり、より規模の大きな大会で良い成績を残すことで世界ランキングアップに繋がります。

※毎週、公式HPに世界ランキングが発表されます。

「ATP」は「男子プロテニス協会(Association of Tennis Professionals)」の略称。
ATP公式HP

「WTA」は、「女子テニス協会(Women’s Tennis Association)」の略称。
WTA公式HP

 

男子テニス世界ランキングの種類

男子テニスには“ATPランキング”と“ATPレースランキング”という2つのランキングがあります。

“ATPレースランキング”は、年末にロンドンで開催される『ATPワールドツアーファイナルズ』への出場権をかけて競うランキングで、ATPレースランキング上位8名にだけ出場権が与えられます。

シングルス8名、ダブルス8組が選出され年間王者を決定する熱い大会です。

通常の世界ランキングと呼ばれるのは“ATPランキング”です。

ATPランキングは、直近52週間(約1年間)に出場した大会での獲得ポイントが高かった上位18大会のポイント合計で決まります。

毎週毎週、更新されていく世界ランキングは、直近52週以前のポイントを消失させて52週以内に獲得したポイントの上位18大会のポイント合計を計算しているのです。

ATPランキング ⇒ 集計期間が直近52週間
ATPレースランキング ⇒ その年の大会しかポイント集計しない

 

テニス世界ランキングを決めるATPワールドツアーとは?

それでは、男子テニス世界ランキングを認定するATPツアーについて、規模の大きい順に紹介します。

まず、ATPツアーを大まかなカテゴリーで分けると、『グランドスラム』『ATPワールドツアーファイナル』『マスターズ1000』『マスターズ1000』『500シリーズ』『250シリーズ』『ATPチャレンジャーツアー』『ITF男子サーキット』の8カテゴリーです。

『ATPチャレンジャーツアー』『ITF男子サーキット』については、世界ランキング50位以下の選手が出場する大会で世界ランキングトップクラスの選手は出場しません。

次にATPワールドツアーのカテゴリーごとの大会を紹介します。(世界ランキングトップクラスの選手が出場する大会)

■グランドスラム
・全英オープン(ウインブルドン)
・全米オープン
・全仏オープン(ローランギャロス)
・全豪オープン

テニス界の最高峰に位置します。

■ATPワールドツアーファイナル

ATPワールドツアーの年間最終戦。

■マスターズ1000
・BNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)
・ソニー・オープン(マイアミ)
・モンテカルロ・マスターズ
・マドリード・オープン
・BNLイタリア国際(ローマ)
・ロジャーズ・カップ(カナダ)
・ウエスタン&サザン・オープン(シンシナティ)
・上海・ロレックス・マスターズ
・BNPパリバ・マスターズ(パリ)

※2018年は9大会開催予定

■マスターズ500
・ABNアムロ世界テニス・トーナメント
・リオ・オープン
・ドバイ・テニス選手権
・アビエルト・メキシコ・テルセル
・バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル
・ゲリー・ウェバー・オープン
・エイゴン選手権
・ドイツ国際オープン
・シティ・オープン
・チャイナ・オープン
・楽天ジャパンオープン
・スイス・インドア
・エルステ・バンク・オープン

※2018年は13大会開催予定

■マスターズ250
毎年、約40大会が開催される

 

ATPツアー各大会の獲得ポイント一覧

■グランドスラムの獲得ポイント(P)

優勝 ⇒ 2000(P)
準優勝(決勝で敗戦) ⇒ 1200(P)
ベスト4(準決勝で敗退) ⇒ 720(P)
ベスト8(準々決勝で敗退) ⇒ 360(P)
ベスト16(4回戦で敗退) ⇒ 180(P)
ベスト32(3回戦で敗退)  ⇒ 90(P)
ベスト64(2回戦で敗退) ⇒ 45(P)
ベスト128(1回戦で敗退) ⇒ 10(P)
予選通過(予選3回勝) ⇒ 25(P)
予選敗退(予選3回戦で敗退) ⇒ 16(P)
予選敗退(予選2回戦で敗退) ⇒ 8(P)
予選敗退(予選1回戦で敗退) ⇒ 0(P)

 

■ATP1000の獲得ポイント(P)

優勝 ⇒ 1000(P)
準優勝(決勝で敗戦) ⇒ 600(P)
ベスト4(準決勝で敗退) ⇒ 360(P)
ベスト8(準々決勝で敗退) ⇒ 180(P)
ベスト16(4回戦で敗退) ⇒ 90(P)
ベスト32(3回戦で敗退) ⇒ 45(P)
ベスト48(2回戦で敗退) ⇒ 25(P)
ベスト96(1回戦で敗退) ⇒ 10(P)
予選通過(予選3回勝) ⇒ 16(P)
予選敗退(予選2回戦で敗退) ⇒ 8(P)
予選敗退(予選1回戦で敗退) ⇒ 0(P)

 

■ATP500の獲得ポイント(P)

優勝 ⇒ 500(P)
準優勝(決勝で敗戦) ⇒ 300(P)
ベスト4(準決勝で敗退) ⇒ 180(P)
ベスト8(準々決勝で敗退) ⇒ 90(P)
ベスト16(3回戦で敗退) ⇒ 45(P)
ベスト32(2回戦で敗退) ⇒ 20(P)
ベスト48(1回戦で敗退) ⇒ 0(P)
予選通過(予選3回勝) ⇒ 10(P)
予選敗退(予選2回戦で敗退) ⇒ 4(P)
予選敗退(予選1回戦で敗退) ⇒ 0(P)

 

■ATP250の獲得ポイント(P)

優勝 ⇒ 250(P)
準優勝(決勝で敗戦) ⇒ 150(P)
ベスト4(準決勝で敗退) ⇒ 90(P)
ベスト8(準々決勝で敗退) ⇒ 45(P)
ベスト16(3回戦で敗退) ⇒ 20(P)
ベスト32(2回戦で敗退) ⇒ 10(P)
ベスト48(1回戦で敗退) ⇒ 0(P)
予選通過(予選3回勝) ⇒ 5(P)
予選敗退(予選3回戦で敗退) ⇒ 3(P)
予選敗退(予選2回戦で敗退) ⇒ 0(P)
予選敗退(予選1回戦で敗退) ⇒ 0(P)

 



≫≫全米オープンテニスをWOWOWでおためし無料視聴!

 

テニス世界ランキング。男子TOP20

男子テニス世界ランキング2018年最新(2018年9月24日時点)TOP20を紹介します。最新のランキングはATP公式HPでも確認してみてください。

●ラファエル・ナダル(スペイン)32歳
世界ランキング:1位

●ロジャー・フェデラー(スイス)37歳
世界ランキング:2位

●ノバク・ジョコビッチ(セルビア)31歳
世界ランキング:3位

●フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)29歳
世界ランキング:4位

●アレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)21歳
世界ランキング:5位

マリン・チリッチ(クロアチア)29歳
世界ランキング:6位

●ドミニク・ティエム(オーストリア)24歳
世界ランキング:7位

●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)27歳
世界ランキング:8位

●ケビン・アンダーソン(南アフリカ)32歳
世界ランキング:9位

●ジョン イスナー(アメリカ)33歳
世界ランキング:10位

●ダビド・ゴフィン(ベルギー)27歳
世界ランキング:11位

●錦織 圭(日本)28歳
世界ランキング:12位

ファビオ・フォニーニ(イタリア)31歳
世界ランキング:13位

●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)26歳
世界ランキング:14位

ステファノス・チチバス(ギリシャ)20歳
世界ランキング:15位

カイル・エドモンド(イングランド)23歳
世界ランキング:16位

ジャック・ソック(アメリカ)25歳
世界ランキング:17位

●ボルナ コリッチ(クロアチア)21歳
世界ランキング:18位

ルーカス・プイユ(フランス)24歳
世界ランキング:19位

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)27歳
世界ランキング:20位

 



≫≫世界最大級!業界最安値のスポーツ専門オンラインショップはこちら

 

テニス世界ランキング。日本人選手の状況

テニス世界ランキングの200位以内にランクインしている日本人選手は13名です。(2018年9月24日時点)錦織圭選手、大坂なおみ選手をはじめ、日本人選手の今後の活躍を期待しましょう。

●錦織 圭(28歳)

世界ランキング:12位

杉田 祐一(29歳)

世界ランキング:100位

ダニエル 太郎(25歳)

世界ランキング:74位

西岡 良仁(22歳)

世界ランキング:171位

伊藤 竜馬(30歳)

世界ランキング:184位

守屋 宏紀(27歳)

世界ランキング:189位

添田 豪(33歳)

世界ランキング:190位

 

大坂 なおみ(20歳)

世界ランキング:8位

日比野 菜緒(23歳)

世界ランキング:128位

奈良 くるみ(26歳)

世界ランキング:138位

土居 美咲(27歳)

世界ランキング:159位

清水 綾乃(20歳)

世界ランキング:177位

 

関連記事はこちら

【テニス】大坂なおみの世界ランキング2018最新は?!画像動画まとめ

⇒ 全米オープンテニス2018。日本人選手の1回戦対戦相手は?

⇒  【テニス】世界ランキング。女子2018最新。日本人選手をピックアップ!

⇒ 全米オープンテニス。2018年の出場選手。錦織圭の調子は?

⇒ テニス世界ランキング。男子2018年最新。日本人選手の状況とは?