初耳学「紗栄子が絶句!幼児期の英語教育」9月24日

2017年9月24日(日)放送の林先生が驚く 初耳学!2時間SPで、教育ママでテレビ2年振りの紗栄子さんが、幼児期の英語教育の情報を聞き絶句します!幼児期の英語教育は既に受けてる子供や受けさせたい親も多いですが、驚きの幼児期の英語教育ってどんなことなのでしょうか。

そこで、今回は、紗栄子さんが絶句した幼児期の英語教育の情報や初耳学の視聴者の反応はどうなのかについて紹介します!

center>スポンサーリンク


初耳学「紗栄子の子供は何人?何歳?」

@roberto_cavalli 🌹 #milan #robertocavalli

SAEKO♡さん(@saekoofficial)がシェアした投稿 –


紗栄子さんの子供さんは、9歳と7歳の男の子が2人居ます!しかも、9月からイギリスの名門校に留学するらしい。2人とも寮に入って後々は紗栄子さんもイギリスに住む予定だとか。ダルビッシュ有さんとの子供って運動神経も凄そうですよね。

とにかく紗栄子さんは教育熱心で、子供たちにエリートコースを歩ませるために幼少期から英語を習わせてイギリス留学を結論したのでしょう。

スポンサーリンク


初耳学「紗栄子の教育論に対して林先生は?」


紗栄子さんが「子供に1歳から英語教育してる」「コミュニケーションツールとして英語を持ってるのは強い」とドヤった後に、林先生が、英語が出来ない親ほど子供に幼少期から英語を習わせる、英語ができる親はそんなに早くからは習わせない、という話をしてぶった切りました。

プレジデントオンラインにも「ペラペラな親ほど早期英語教育に冷淡」「英語がダメな親ほど超必死⁉」と幼児期の英語教育に否定的な記事が書かれているそうです。林先生は、「幼児教育は英語よりも思考力を伸ばすべき」と新しい教育論を伝授。幼児期という限られた期間内で英語教育の優先順位は低いそうです!英語教育は幼児期に必要ないと聞き、なぜか安心しました(笑)

教育にお金をかけるべき年齢

大学受験よりも0歳~10歳にお金をかけることが必要!それが、英語教育よりも大切なこと。自制心がある、物事をやり抜く力、コミュニケーション能力等様々な生きる力を身に付けることが重要!

もっとも必要な幼児教育

やり抜く力を育むこと

スポンサーリンク